最近、主流の脱毛は、脱毛サロンの光脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛や医療機関の医療レーザー脱毛など、どれも特殊な波長の光を照射して毛根にダメージを与える方法です。脱毛に使われる特殊な光は、紫外線は含まれていませんが、かなり強力な光なので、脱毛前後の日焼けはNGというのが一般的です。何故なら、日焼けというのは肌が火傷をして炎症を起こしているようなものですから、ダメージを受けているお肌には、脱毛の施術ができないからです。また、日焼けしてからお肌の炎症が終わっている場合でも、肌が真っ黒になっている場合にも断られる場合もあります。日本で使われている脱毛マシンは日本人の肌の色に合わせているため、極端に肌が黒い方は、脱毛NGと言われる場合もあるので注意が必要です。特に注意が必要なのは、夏に顔、腕、脚などの日焼けをする箇所を脱毛する場合です。日焼けをするつもりはなくても、炎天下の中を歩きつづけたりするだけでもかなり日焼けをするので、日焼け対策は欠かせません。普段から帽子や日傘を被ったり、UVカットの薄手の長袖を着たりして脱毛前後に肌トラブルが起きないように注意しましょう。
メルティーヴィーナス 口コミ