今日行った評価面談において、自分はあまり具体的に考えていない印象があると感じた。
面談でも具体的にどういう部分に問題があるかと訊かれても、直ぐ思いつかず、どちらかと言えば、つい最近の内容だったりする。
本来であれば、かなり前に更に深刻な事があったにもかかわらず、その点を思い出せずに終わっている。
私がやっているのはABAPのプログラミングと給与計算に関する内容だ。
正直給与計算においては近年の女性の雇用拡大に伴い、産休・育休などの制度が大きく変わり、労働移動を活発になった事から退職金や翌月退職金に関する計算も大きく変わってくる。
更にABAPについても女性という新しい雇用が起こる事から制度の改革に伴い、インフォタイプなどの画面などの作業も行える必要性がある。
退職金、インフォタイプの設定、そして女性の雇用に関する内容などを今後重点に絞って行っていった方が良いと思える。
その為にもまず何をしなければならないのか、今は自習という形で時間を頂いている以上、これを有効活用する必要がある。