10代の間に親知らずが生えてこなかったので、今後も生えてこないものだと思っていました。
そんなある日、右上の奥歯よりも後ろに違和感を感じるようになっていました。
最初はただの口内炎だと思っていたのですが、しばらくすると歯が見えてきました。
そう親知らずが生えてきてたんです。
真っ直ぐ綺麗に生えていたので抜かなくても大丈夫だろうと自己判断をし、その時は歯医者へ行きませんでした。
それからまたしばらくすると、親知らずに激痛が走るようになってしまいました。
痛み止めを飲んでも全く効きません。
一日なんとか我慢しましたが、あまりにも痛みがひどいのであわてて近くの歯医者へかけこみました。
医者に診て貰うとどうやら虫歯になっているとの事で、即座に抜歯を行いました。
親知らずの抜歯は痛みを感じる人もいるとは聞いていたのですが、親知らずの虫歯の痛みに比べると全然痛くありませんでした。
むしろ、虫歯が無くなった事であの激痛がなくなってスッキリしました。
抜歯後は頬が腫れたりする事も無かったので良かったです。
親知らずはさっさと抜いてしまった方が良いという人がいますが、今なら納得です。
虫歯になって激痛を味わうぐらいなら、多少不安はあってもさっさと抜いてしまった方が本当に楽です。