・嫌な物を置いた人とそれを見た人、悪いのはどっち?
インターインターネットでは、読んだ相手を不愉快にすることを目的と

しているようにしか思えないコメントを見かけることが多々あります。

当たり前ですが、そのようなコメントは必ず批判的なスタンスを取っています。
さて、このような人を不愉快にさせるコンテンツに関しては

「嫌なら見るな」、「嫌ならインターネットなんか使うな」

などといった反応は付き物です。
実際、そのような物を見聞きしなければ不快になることは

ないので一理あるといえばあります。
しかし、「見て嫌になる物を残していったユーザー」さえ

いなければ誰も不快な思いをせずに済んでいたはずです。
 

視点を変えて考えると、そのユーザーも何か嫌な物を見て

不快な思いをしてしまったのかもしれませんが、

自分で止めておくことをせず、更に他の人に不幸を

ばら撒く真似をしているようでは悪い方に向かうだけです。
 
・インターネットのコメントはあまりTPOを弁えていない
例えば、商品のレビューであれば否定的な意見でもユーザー、

開発者共に有用な物になり得ます。
勿論、きちんと商品に関する内容を述べていることが前提ですが。
しかし、動画投稿サイトなどで見かける否定的なコメントは

ほとんどが目障りな物となります。
ありとあらゆる娯楽に言えることですが、100人が100人

口を揃えて面白いと言えるコンテンツはこの世にありません。
要は、つまらないと思ったコンテンツはさっさと見切り、

自分に合うものを探せばいいだけの話なのです。
商売をやっている相手であれば、消費者として意見を言うのは

当然の権利です。
ただ、あまりに一方が高圧的になり過ぎているケースは

関係ない他の人にまで迷惑をかけてしまい、誰も得をしません。
煽りや人格批判にまで発展しているケースもよくありますが、

現実でもインターネットでもこれは確実に人を不快にすることで、

絶対にやってはいけないことです。
臭ピタッの楽天での口コミやレビューは参考になった