Author: okamenattou

アフターピルはドラッグストアに売ってない!手に入れる方法

アフターピルは緊急時の避妊薬として、コンドームが破けてしまったり、
性被害に遭ってしまった場合などに服用する医薬品です。

アフターピルを語る上で、「緊急」という言葉はとても重要です。
なかなか事前にアフターピルを準備する人はいないでしょう。
なぜなら、アフターピルを必要とするケースは予想できないからです。

なので、アフターピルを服用したい!という人はすぐにでも欲しいわけです。
すぐにでも手に入れたい人が多いアフターピルですが、ドラッグストアには売っていません。

ドラッグストアと言えばマツモトキヨシなどですね。
なぜか?と言えばアフターピルは医療用医薬品に分類されるからです。

医療用医薬品は医師の処方箋がなければ販売してはいけない決まりになっています。
重要なのは医師であって薬剤師ではありません。
ドラッグストアには薬剤師はいますが、医師はいないですよね。

ただ、海外ではアフターピルの用途も考えてドラッグストアで販売されている
国もあって、日本でもアフターピルをドラッグストアで手軽に購入できるように
したほうがいいんじゃないか?といった議論はあります。

議論はありますが、まだ実現はしておらず、今のところ実現の可能性は低いです。
なのでアフターピルを購入する時は病院に行くという一択しかありません。
当然病院で処方されるアフターピルは値段も高くなります。

なので、アフターピルの特性も考えると今は必要なくても事前に準備しておくことが
とても大事でそのためには個人輸入で通販購入するのがおすすめです。
万が一の時のための備えとなってあなたを守ってくれるでしょう。

関連⇒アフターピルの通販【即日で購入する方法も!】

バイキングの宅配買取りがいつまで経っても返事なし!

本が家の中に溢れかえってきたのでそろそろ整理整頓しなければ!ということで
まとめて売ることにしたのですがインターネットで調べると最近は宅配買取りで
自宅まで集荷に来てもらうサービスが手軽でいいと評判だったのでその中から
バイキングというサービスで漫画の全巻セットを売ることにしました。

最初は特に何も問題なかったのですが、荷物がバイキングに到着した頃に
受けとりましたというメールと一緒に現在商品が溢れかえっていて査定までに
時間をくださいといったメールも一緒に送られてきました。

まあ確かに自分が本を売ったのは2月頃だったので新生活に向けて不用品の
宅配買取りサービスは混雑するんだろうなと思って、メールにも2週間から
3週間程お待ちくださいということだったので待っていました。

待っていたのですが・・・1ヶ月半経過した今でも査定が届きません!
さすがにこれでは不安になりますね。
まだ商品がたくさん届いているので査定が遅れるとかメールで送ってくれれば
待つ気分にもなるのですが、何の連絡もなく遅れているのは腹が立ちますね。
それでもバイキングは買取り額が高いらしいので仕方なく待ちますが、
どれぐらい待ったら連絡が来るのか今ではちょっとした楽しみになっています。

これで漫画全巻セットの査定額も低かったらクレームしようと思います。
ちなみにバイキングについて口コミや評判を調べてみるとやっぱり
査定が終わるまでの遅さに関してはかなり悪評が多いですね。
ただ買取り金額に関しては割と納得している人が多いようでした。

関連:本の出張買取りサービスでおすすめは?

リピトールの売上は世界で一番?

リピトールはコレステロール値を下げる医薬品として日本でも服用されています。
そんなリピトールですが、世界で最も売り上げのある医薬品としても知られています。
ファイザーと言えば日本でも有名な世界最大手と言われる製薬会社ですが、
そのファイザーを世界最大手の製薬会社に押し上げたと言われているのが
このリピトールの売上だと言われています。
一時期はファイザーの売上高の4分の1をリピトールの売上高が占めていたほどです。
ただ2011年にリピトールのアメリカでの特許が切れたことによって売上高は変わりました。
当たり前ですがジェネリック薬が発売されることで先発薬であるリピトールの
売上高は減少します。リピトールの売上高自体は減少しますが、リピトールやそのジェネリック全体の
売上が減少したか?と言えばそうではないと個人的には感じています。
アメリカではジェネリック薬が販売されると先発薬は7割程度の市場を失うと言われています。
まあ普通に考えれば当たり前で成分が同じジェネリックであれば安いに越したことはないですからね。
そんなわけでリピトールの特許が切れたことによってファイザーの売上にもかなりの
影響があってそのことをリピトールショックと言ったりします。
ただ日本ではジェネリックが発売されてもリピトールの売上高の減少は緩やかと言われています。
これは日本の薬価制度や処方する医療従事者のほうにジェネリック薬への不信感があるからだと言われています。

関連サイト>>リピトールやジェネリック薬は通販で購入できる?